Event is FINISHED

<連続講演会> 第2回 【安田 幸一氏 登壇】

Description

■第2回 大学キャンパスは開くべきか、閉じるべきか

■ゲストスピーカー

安田 幸一 (建築家/東京工業大学教授)

http://www.yasudaatelier.com/


第2回講演会は、東京工業大学 教授の安田幸一さんが登壇。

日建設計時代の代表作は、

箱根のポーラ美術館(日本建築学会賞受賞、村野藤吾賞受賞)や新江ノ島水族館。

現在は、

大分マリーンパレス水族館「うみたまご」、東京工業大学付属図書館、京都女子大学図書館、ポーラ銀座ビル、東京急行大井町線緑が丘駅、大岡山駅上東急病院など

多くの公共建築や斎藤准教授の家など住居も数多く手がけています。

安田先生が考える「大学キャンパス」のあり方、そして

そこから見えてくるプライベート±パブリックの領域について

じっくりお話が聞ける貴重な機会です。

ぜひご参加ください。


■日時

2018年 1月23日(火)

18:00開場 19:00開演 20:30終了予定

■ナビゲーター

三宅 理一 (東京理科大学客員教授、日本建築文化保存協会理事)

■定員

60名(先着順)



■昨年の様子



主催:一般社団法人日本建築文化保存協会

後援:一般社団法人日本建築学会、公益社団法人日本建築家協会

協力:建築倉庫ミュージアム


一般社団法人日本建築文化保存協会とは

https://archi-depot.or.jp/

当協会は、我が国の建築文化を継承・発展させ、その価値を日本および国際社会に広く発信していくことをめざして、2015年に社団法人として設立されました。

当協会の目的は、過去の建築遺産ならびに資料を次世代に向けて伝え、国内外での広範な活動を通して人材育成や地域創造をはかることにあります。

そのため、建築模型を中心とした建築資料を正当に評価し、その継続的な保管保存を行うとともに、建築専門領域と社会をつなぐ新たなプラットフォームの上に人的交流を介してその価値の共有化をはかります。

以上の実現に向け、当協会は建築倉庫ミュージアムの支援に加えて、国内外での展覧会・講演会・交流会等の開催を活動として実施します。




Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#308747 2018-01-17 07:11:29
More updates
Tue Jan 23, 2018
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
パナソニック東品川ビル2号館
Tickets
建築倉庫ミュージアム入場券付 SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
東京都品川区東品川1-3-15 Japan
Directions
りんかい線「天王洲アイル駅」B出口より徒歩約10分
Organizer
日本建築文化保存協会
6,803 Followers